うつ病、適応障害は新しい道を作ってくれる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20171109014532j:plain

適応障害

最近、適応障害を抱えている人が多いなと感じます。私も適応障害を経験しました。

シンプルに言ってしまうと、今現在いる環境に適応しているか、いないかです。

なぜ、適応できないのか?視点を変え考えてみました。

適応障害ってこんな感じ

f:id:mafty0312:20170612185614j:plain

泣けてくる

仕事の場、人間関係でストレスを強く感じ、その環境に「適応」出来ない、

何かしらの「障害」がある場合に色々な異変を感じてしまいます。

適応障害については

適応障害はうつ病になる可能性が高い - うつ侍 をご覧ください。

うつ病の初期と適応障害の末期の違いってなんだろう、とか最近考えます。

私の時は、よくわからないうちに、うつ病になっていました。

出来るだけ短期間で治したかったので、入院すればと職業柄思いまして、医師に

聞いた覚えがあります。結果は余計に重くなるから自宅療法の方がいいねと。

重い方に引き込まれてしまうらしいです、ダークサイドは嫌です、今はそう思えます。

適応できなくて当然です

これはあくまで私の仮説です。体験したことと今の社会情勢、おかしいなと感じたこと

がやたらとかぶる、現在苦しんでいる人たちの声、いろんな伏線がありますが、

一言でまとめますと「すべての面で豊かではない」ここに辿り着いてしまいます。

まずは「お金」、いかに安く人件費を抑えるか、安く物を仕入れるか、この風潮が

強すぎてバランスがくずれています。私があるところを辞める際に、中間的な

管理職に言われたことがあります。「人を1人雇うのに400万なんだぞ!」

この人は誰?貴様がそんなこと言えるの?と思いました。

社長が言うのならまだ理解できます。

なぜ、勘違いしている小物がこんなこと言えるのか。こういう人には適応できません。

そして、病院にかかれば、間違いなく何かしらの診断がつくであろう人を、

野放しにしている環境。病みは感染します、そのような人がいる所は、常時人を

募集しています。

ヤミヤミな場所に行かないと、お金がもらえないのです。生活ができないのです。

これでは、病気になりに行くようなもんです。なんのゾンビ映画ですか。

正社員でも派遣でもバイトも同じで、現在は組織に入ると高確率で病みます。

ではどうすればよいのか、それは拘束されるのではなく、自分で選ぶことです。

自分はなにができるのか。そこから始めてみてはいかがでしょうか。

これが、私の仮説です。

こんな適応障害ありませんか?

f:id:mafty0312:20171125141010j:plain

もういやです
  • きついけど周囲には元気なフリをしてしまう。
  • できれば休職・退職したいが言い出せない。
  • 休職中に戻れるのだろうかと不安を感じ、休まらない。
  • 戻っても以前のように出来ないと心のなかでは感じている。
  • 可能なら今の仕事をやめたい。

それでも自分をごまかし、頑張ってしまう気持ちは理解できます。

しかし、それで体を壊してしまうと、復活までに私のように数年かかります。

問題は、今なにをすべきかで、先のこと過去のことは考えなくて良いのです。

とはいっても、行動するには大きなエネルギーが必要ですね。

自分が適応するところへ向かう

f:id:mafty0312:20171125144448j:plain

新たな光

みんな頑張ってるからと思うのをやめましょう。人は人です個人差があります。

1度、適応障害になりますと、自分が思ってるいる以上に、体力もメンタルも

弱っています、やれてたはずのことが、出来なくなっていませんか?

薬を服用している場合は、その副作用もあります。別人と考えることが自然です。

環境を変えて、まずはゆっくりと休むことです。休むことも仕事です。

そして、別人になったことを受け入れましょう。新しいことを始めるチャンスです。

なるようになり、在るべきとろこに落ち着きますので。