うつ病を克服して人生を面白く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170613012544j:plain

こんにちは、AKと申します。私の克服法読んで下さい!

うつ病な私の克服法はライブに行くことです。

でも、ただ行くだけではありません。
私の音楽の趣味はあまりメジャー志向ではないので、例えば同級生には同じ音楽の嗜好の人はいませんでした。中一の時、四人組のグループの内 3人は「オフコース」特に小田和正さんのファンでした。友達の家に行って掛かってる音楽は「オフコース」。話も小田さんの話。それを半強制で叩き込まれてました。
それはそれで知らない事を知る事は好きなので 仲良く楽しく過ごしてました。
しかし、私の好きなバンドは「爆風スランプ」。
友達も、同級生も興味を持ってくれる人はいませんでした。
中2の秋、隣町の市民会館に爆風スランプがツアーで来る事になったのです。
いろいろ声をかけるけれどやっぱり誰一人 行こうと言ってくれる人はいませんでした。

うつ病を克服して友達作るぞー!

その時、私は考えました。
ライブに行けば そこに居るのは同じ爆風スランプのファンばかりのはず!そこで友達を作ればいいんだ!
そうやって、ライブに行く度に友達を作って、徹夜で並んで仲良くなったり、ライブ終わりに感想戦といいますか 打ち上げなんかしたり、一緒に遠征したり、あちこちに友達を作りました。その友達とは今でも続いています。
もう、アーチスト関係なく普通の友達関係です。
私は、学校の中ではなく 外に出て気の合う友達を作ってました。

そして46歳の今、なにをしてるかというと当時と全く変わらない事をしているのです。
爆風スランプは解散してしまって今は「スターダストレビュー」という また、あまりメジャーじゃないバンドのライブに行って楽しく過ごしてます。
旅行のように遠征したり、新しい仲間を作ったり 他県の友達と会って 生存確認したりして飛び跳ねてます。

うつ病を克服して人生は面白いものに

毎年夏にツアーとは別に夏のライブを何箇所かでするんですけど
その時に ゲストを呼ぶ事決まりがあります。
その条件は、誰もが知ってるヒット曲を持ってる人。

ある夏、出てきたゲストに驚きました!
青春時代追っかけてた爆風スランプのボーカルの、サンプラザ中野くんが来たのです。
「Runner」という曲は多分みんなの年なら運動会とかで知ってるんじゃないかな?
誰でも知ってるヒット曲を持ってる、確かに条件はぴったりなのです。

まさか、ここでまた出会えるなんて 考えもしなかった私は 当時の事をいろいろ思い出して 泣きながら踊っていたと一緒に行った友人に打ち上げの時に言われてちょっぴり恥ずかしかった。

そして、別の夏は小田和正さんがゲストに来た事もありました。
私はファンではないのにも関わらず 曲も人となりも知ってるんです。
それは中1の時に半強制で聞いていたおかげなのです。
あの時は特に何とも思ってなかった歌達も、好きなバンドとのセッションでとっても楽しく聞く事ができてる私がいました。

人生、どこでどうなって、どこでどう繋がるかわからないし無駄がない。
それどころか楽しさは何倍にもなって いつか戻ってくるんです。
そう思って 私はまた今ではすっかり親友になった子と チケットを買いライブに足を運び 昔と同じように 感想戦と言う名の打ち上げをしています。

 

うつ病でも同じ趣味を持った親友と過ごす克服法

これが私の克服法です。
もし、スタレビに何かあった時は。。。
DVDを見ながら 思い出話をたくさんしようと 、そんな先の事まで打ち合わせ

済みなのです^_^

 

次の記事へ>>>うつ病などの精神疾患での薬の大量処方の実態