うつ病でもLINEで情報交換セルフヘルプ

f:id:mafty0312:20170613012522j:plain

メンタル系友人・仲間募集などのサイトの情報

現在、私(ぎんぞう)はLINEでのグループを管理しています。

みんな心に傷がある人です。実際にあったことを箇条書きにしてみました。

  • 悪質な出会い系サイトの業者が多い
  • 入院レベルのとても危険な人が野放しになっている
  • 馴れ合いや自傷行為の自慢などが少なくない
  • 本人が自分の病気がどんな病気なのか理解していない
  • 自己管理が出来ていない。特に薬や通院
  • 病気を治そうとしていない
  • そもそも、自助グループとして機能していない

人間の皮をかぶったハイエナ情報

このようなサイトがほとんどです。

前向きに真剣に病気を治そうとしている人が、不快な思いやストレスを受け、病状が悪

化することも少なくありません。

また、法に触れるような行動をとる人もおり、被害を受けかねないレベルのトラブルの

可能性も十分にありえます。

特に悪質なのが、メンタルの病気と偽り、病気を抱えて弱ってる人につけ込み、金銭や

自分の欲求を満たすことを目的とした人間が居るというところです。

このような行為を助長するような出合い系業者サイトも存在します。

非常に残念です。

小さな団結が大きな特効薬になる情報

内なる革命という情報

仲間同士が出会って、孤独から開放されて抑圧のされない対等な関係の中で、情報を交

換し、体験を語り合い、感情を表現する。そうした出会いを通して、ありのままの自分

が仲間に受け入れられることで、自己否定やとらわれから開放され、ありのままの自分

を受け入れることが出来るようになります。そして自分への信頼や自信を回復して人間

としての尊厳を自覚して、自立への意欲が満ちてきます。

外なる革命という情報

内なる革命を経験し、社会の矛盾に気が付き、病気や障害を抱えながら、生き生きと生

活していける社会の実現を目指し、社会へ自分が不利になるようなことでも意見してい

けるようになります。みんなが同じでなければならないという社会、少数者を偏見によ

り差別し排除しようとする社会の非人間性と不正常さを訴えます。そして一般の人たち

の理解を得て、意識や態度を改めるよう求めて、さらには新たな社会制度や福祉サービ

スを生み出し、整備するようになっていきます。

セルフヘルプ・グループの情報とは

このように、セルフヘルプ・グループというものは一般社会とは違った文化を持ち、

内には生きようとする力と勇気を育み、外にははっきりと主張して、自分たちの力と

能力を最大限に引き出し、生き直すことを可能とするインキュベータとなります。

困難な状況にある時、助け支え合って状況を改善し解決するだけのグループであっては

いけないと考えています。

 

www.xn--p8j0cm8h.com