うつ病になっていく工程

f:id:mafty0312:20170613012631p:plain

これはできれば 「もしかしてうつ?」と、少しでも頭をよぎった方に特に読んで

いただきたいお話です。

ちりも積もればうつになる

自分がまさか うつ になるわけが無い。うつなんて、もっと生真面目で仕事も休まず、責任感も強くてそんな人がなるイメージですよね。

でも、自分が思ってるより 自分って 仕事も真面目にやってたり 責任感も割とあったりするものなのです。

だから、「まさか自分が」と、思っている人ほど 実はもう うつが近づきてきてると思ってください。

私は自分では 適度にやってる人間だと思っていました。

だけど、よくよく考えたら仕事量も多く、八方美人なところがあったのと、困ってる人

を放置できない性格もあって、よその担当の仕事の事をそこの教える担当が怖いって理

由で質問されてこっそり教えてあげたり、チームの中で嫌われてる子の面倒や、みんな

が怖がってるような人に興味を持って仲良くなったり営業担当と、お客様と、会社の規

定との板挟みにあったり。

ざっと思い出しただけでも自分の本来の仕事は別にちゃんとあるのに 関係ない事が

たくさんありました。

うつの自覚

最初に異変に気がついたのは隣の席の後輩でした。

パソコンを立ち上げて マウスを持ったまま じっと固まってる私に気がついて

「AKさん?どうかしたの?さっきからずっと固まってるけど パソコンの調子でも悪い

の?」と。

全く自覚がなかったので よくよく聞いてみると、少し前からそんな感じで固まってて

それが段々長い時間固まるようになってきて 声を掛けてくれたのです。

キャラ的にボケの方だったので そこも判断がつかなかったと言われました。

それから、自分でも自覚が始まりました。物が覚えられない。

例えば電話を取って取り次ぐ時に さっき聞いた相手の名前を忘れる。思い出せない。

五分前に営業担当と話をして、五分前にまた話をしようとしても何を話したか思い出す

までに時間が掛かるようになる。

段々、怖くなってきてノートに逐一書くんですけどそれがなんだか分からなくなって 

きたり、ファイルが付箋だらけになったり。

家では、簡単なレシピの料理を作る時、台所に立って、何からとりかかるのか?

材料がなんだったか?

ピンとくるまでにかかる時間が どんどん長くなって 固まってくるようになりました。

やっとの思いで作っても 味がこれで合っているのかわからなくて「味は大丈夫?」

と、何度も何度も聞いていました。

ここまでくると、もう立派なうつです。

だから、ここまでなる前に!

おや?っと思ったその時に!

風邪に例えるとクシャミが出た程度の時に!

敷居はまだまだ高いと思います。

うつも病気、早期発見が大切です

でも、こっそりでも相談ベースでもとにかく少しでも早く心療内科で話だけでもしてみ

て欲しいのです。

その後の回復の仕方も、うつの重さも格段に違います。

何よりちゃんとした医師に聞いてもらう事で対策も打てます。

いつもの自分ならやらない事や、うっかりミスが重なり始めたら勇気を出して行ってみ

てください。

友達や家族や同僚に話せなくて溜まっている辛い事もちゃんとした多くの先生なら聞い

てくれます。

病気はなんでも早期発見が肝です。

暗いトンネルに入ってしまう人が1人でも減りますように。