うつ病の旅行での気分転換にいかが?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170613012555j:plain

「そうだ!京都に行こう」

そんなキャッチコピーがすっかり定着しましたが、うつ病だって気分転換が必要です。

無理のない範囲での気分転換。桜や紅葉の時期は人であふれかえってる京都ですが

そうじゃない時期に行ってゆっくり見たいものが、京都にはあるのです。

それは「がま口」。

数あるがま口屋さんの中でも絶対行って欲しいお店をご紹介します。

まつひろ商店のがま口はうつの気分転換にぴったり

京都の三条に本店のある「まつひろ商店」は小さめの一軒家のようなところに

無数のがま口が柄、色、形、無限にあります。がま口の宇宙です。

お店に入るとタンスが沢山あってそのタンスの引き出しに

声を出さずにはいられないほどのカワイイがま口がびっしりと並んで

こちらを見てきます。全部欲しい。

私の心はそんな風に誘惑されてしまうのです。

そのがま口の誘惑を振り切ってタンスを開けてはコレが良い

あれがカワイイそれも渋いといつまでも見入ってしまうのです。

同じ柄、同じ形は基本内ないのです。同じ生地に見えても柄の出かたが

違いますしそんなところでも迷ってしまうのです。

 

f:id:AK-ES335:20170913002216j:plain

みんなちがってみんないい気分


私は大きさや気分で使い分けていますが用途はいろいろです。

もちろん本来の使い方の小銭入れにもなりますし、音楽プレーヤーを入れたり

スマートフォンを入れたり薬を入れています。

大き目のがま口にそれらのがま口を入れたのを友達に見られて

「がま口ばばぁ☆」とありがたいあだ名を付けられた事もあります。

京都のお店のほかにスカイツリーやオンラインショップもあります。

ですが、ぜひ一度京都の三条のお店に行ってみてほしいです。

気分転換しすぎちゃうことうけあいです。

f:id:AK-ES335:20170913235537j:plain

注:この子は京都にはいません(笑)

 

www.xn--p8j0cm8h.com