うつ病の治療とペットの関係

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ペット(動物)には癒やしの効果があると言われています。
アニマルセラピーと呼ばれていますね。
うつ病の人にペットがおすすめなのかどうか、これは専門家や人にとって意見が
分かれており、一概には言えないようです。
ペットを飼うことでのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

うつ病の人がペットを飼うことのメリット

犬や猫などの動物は温もりがあり、しぐさや行動が可愛かったりおもしろいなど
飼い主の気分を和ませてくれます。
実際、ペットと遊んだりすることで、セロトニンが分泌され精神安定の助けに
なることがわかっています。
対人関係より気を使わなくてすむので、気楽に触れ合えるというメリットがあります。
さらに、ペットはエサをあげたり散歩などの世話が必要ですので、世話をすることで
気が紛れる、生活に張り合いが出る、生活のリズムが作れるといったメリットも
あります。

うつ病の人がペットを飼うことのデメリット

ペットを飼うことは思っている以上に大変なことです。
うつ状態が重い時は何もかもが面倒になりうるさく感じてしまいます。
動きたくないのではなく、動けないのです。
そんな状態の時に、世話をしなければならないペットがいたのでは、
さらにストレスが溜まってしまう可能性があります。
うつ病の治療中は安静にし、脳を休ませてあげなければいけませんので
飼い主にかまってほしいペットがいると休養の妨げになる可能性もあります。

うつ病の人がうまくペットと過ごす方法

家族などペットの世話をしてくれる環境があれば問題ないと思います。
うつ病の予防・治療に動物と触れ合うのは良いことと思います。
気分が安定してきたら動物園にでかけてみたり、ペットレンタルなどを
活用すると良いでしょう。ネコと触れ合えるネコ喫茶などもあります。
友人のペットを預かってみたり、夕方の散歩を申し出る、というのも
良いかと思います。

以前、私は朝に老犬のミニチュアダックスと太陽の光を浴びながら
ほんのすこしの時間ですが、のんびりと散歩に出かけていました。
散歩に行くことで新しい気付きもあります。
全く知らない人なのですが、イヌの散歩同士ということで、一声、二声
あいさつ程度ですが言葉をかわすことが増えました。
動物を通じ優しい気持ちになりながら、言葉をかわす、純粋に気持ちが良い
と思います。

今日もまた老犬ダックスと出かけます、
お互い健康で過ごそうなと、語り合いながら。

 

www.xn--p8j0cm8h.com