うつ病の治療は大きく分けると3期間

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170919032602p:plain

うつ病と診断されてから、病気になる以前の状態に近づくまで回復するには、治療期間

として、急性期、回復期、再発予防期と3つの期間があります。

治療法、原因、性格、個人差がありますので、典型的な経過と目安となる期間をお伝え

します。

急性期間

医療機関うつ病と診断されてから、3ヶ月間ほどの期間が急性期と言われています。

この期間は心も体も、ボロボロに疲れ切っている期間なので、休養が何よりも治療と

なります。ストレスになることは、出来るだけ避け、重要な決め事もしないように

しましょう。医療機関で適切な治療を受けていれば、1~3ヶ月でうつの症状が、

軽くなっていくことが多いと言われています。ですが個人差があります。

服用している薬の副作用の強弱や、他の病気で飲んでいる薬の組み合わせで症状が

軽くなる期間が変化する場合もありますので、焦らずにしっかりと休養することが

大切です。

回復期間

回復期はあくまで、回復している期間なので気分の上下は日によって変化します。

適切な治療を受けていますので、わかりにくいですが、調子の良い日が増えます。

焦らずに回復を待つことが重要になります。

また、調子の良い日が続くと、治ったかなと思いがちです。

自己判断で薬の服用を辞めたり、医療機関へ行かなくなる人もいます。

あくまで回復期であるのと、医師の治療方針もありますので、決してこのような

行動をとるのは辞めましょう。

この状態の時にダメージを受けてしまいますと、余計に自分を責めてしまい、

うつ状態が重かった時には出来なかった、自殺に踏み切ってしまう場合もありえます

医師ときちんと相談し、うつ病になった原因を、しっかりと確認していくのが

良いと思います。またストレスの対処法や再発を防止するには、どうすべきか

自分としっかりと向き合うことも大切です。

どうしても仕事に復帰しなければいけない時は、いきなりフルタイムではなく徐々に

体をならしながら、勤務時間を少しずつ延ばしていくのが良いと思います。

そして重要なのが、少しでも異変を感じたら、決して無理はせずに休養しましょう。

再発予防期間

回復期をしっかりと過ごし、気分も安定して病気になる前の状態に近づいた期間です。

この期間で注意したいのは、うつ病は極めて再発率が高い病気だということです。

医師の指示に従い、今後の薬の服用やカウンセリング、再発しないために慎重に

過ごしましょう。この期間になると、自分の気分やストレスのコントロールも出来る

ようになり、以前よりも自分自身の状態がどうなのか、敏感になっています。

ここまでは大丈夫だと、判断もできるはずですので、素直にその感覚を信じる事です。

治療期間での注意点

この上記の流れは、あくまで適切な治療を受けていた場合の流れです。

精神疾患は医師とのコミュニケーションが、非常に重要になります。

最低限、自分の状態、気持ち、何らかの小さなことでもしっかりと医師に伝える事です

非常に多く感じるのは、精神疾患うつ病と思い込んでいる人が多いです。

医師にきちんと伝えていない、伝わってない、薬をきちんと服用していない人が、

少なくありません。あせる気持ちも理解できます。私もそれで悪化しました。

悔しさや情けなさを感じながらの、日々の生活。出来そうで、できないもどかしさ。

それで良いと思います。経験してみない事には理解できないはずです。

どのみち時間がかかる病気です、色々ともがいてみるのも良いかと思います。

その時のもがきは、あなたにとって必ず良い経験となります。

 

www.xn--p8j0cm8h.com