うつ病の診断書のお値段でわかる病院の良し悪し

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170919032549j:plain

うつ病気分障害の初期の頃は、色々とわからないことが多いと思います。

精神科、心療内科への抵抗感、何科へかかればよいのか悩んでしまう。

また、診断書を書いてもらえる基準って実際どうなの?と色んなサイトや情報が出回っ

ていますが、どこで見分けることが出来るかを、実際体験して感じたことを、ズバリ

書いていきます。本当に知りたい情報ってなぜかないものです。

即答します。診断書の料金が全ての答えです

診断書には何種類かありますが、どれも異常に高い病院があります。

例えば一番高いと思われます、障害年金の診断書ですが、私の場合、労務士さんと

相談して前の病院(精神科で有名)と現在通院している心療内科のクリニックの両方に

お願いしました。料金は有名な精神科で15000円、現在のクリニックで8000円

しかも、有名な精神科の診断書では審査が通らない内容でした。さかのぼりのために、

お願いしたとは言え散々です。また、職員の質、医者の質どちらも最悪でした。

なぜ有名なのかわかりません。政治の影響なんでしょうか、裏事情は同じですね。

診断書は病院側が設定できます。保険点数の適用外なのです。

病院やクリニックを選ぶときは、事前に診断書の料金を確認してから、通院することを

オススメします。ぼったくりバーと同じ目に会います。

正しい診断をしてくれる病院・心療内科の特徴

誤診は避けたいです。比較的わかりやすいのは、新しいクリニック系です。

内装も細かなところまで考えられています。そういう所は、対応がとても親切。

市町村への各種手続きなども教えてくれます。役所は何も教えてくれません。

通院してはいけない病院としては、大手グループの系列、無駄に有名、ボロい汚い。

精神科=キチガイという老害的な考えが、いまだに多く残っています。

確かに本物さんも一部ですがいます。そして普通に働いている健常者の中にも

当然います。受診せず診断されていないだけなので、社会は益々病んでいきます。

大手グループの場合ですと稼げる科を設けます。

当然ですが、病気を治す事よりいかに儲かるかを優先しています。

そっち側にいたので、わからくもないのですが。

そんな理由もあり、誤診が存在しない精神科って都合が良いのです。

診断書は種類も多いので、相場の2倍とかに平気でしてきます。あからさまですね。

参考になればと思います。

www.xn--p8j0cm8h.com

診断書の基準ってあるのかな?

なったことがある人にしかわからない領域なので難しいです。

自分が受けた心当たりがある、強いストレス。これは確実にあると思います。

もうすでに、何かしらの症状が出ているはずです。

www.xn--p8j0cm8h.com

そもそもですが、症状が出ている時点で基準は満たしてると思います。

多くの症例を診てきている、医者の経験が何よりの基準ではないでしょうか。

重要になるのが、問診票です。初診の場合は必ず書くと思いますが、多少盛って記入

しましょう。自分が思っている状態より悪い事のほうが多いです。

やれること、やれないこと、できなくなったことを正確に伝えましょう。

うまく話せないときには、ノートなどにまとめて書いて、医者に見てもらいましょう。

診断・診断書のまとめ

まずは病院選びが重要です。私もその頃は知識が全く無く、病気にも無自覚だったので

病気も悪化、もらえたはずの保障も払い損になってしまいました。

同じ経験をして欲しくないという思いで、このブログやSNSで情報発信できればと

思っています。今後は情報の格差がますます広がって行くと思います。可能な限り有用

な情報をお伝えしていきます。