うつ病を克服しましょスイーツ女子ってカワイイです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170612185643j:plain

こんにちは、AKです。

スイーツを食べてうつを克服しちゃいましょう。

スイーツ女子って やっぱりカワイイですよね。

流行りのシフォンケーキを頬張ってたり マカロンをどれにしようか迷ってる姿とか 流行りのカフェでゴッテゴテのパンケーキ食べたり。
羨ましいなぁと辛党の私はいつも思ってました。

うつを克服してスイーツ女子になりたい!

ケーキも、菓子パンすらも甘いもの全般 和洋問わずに苦手な私はいつも思ってました。
鬱になって いったん底にたどり着いた後の上昇中に私に奇跡が起こったのです。

「メロンパンが食べたい!」衝撃でした

急いでコンビニへ行き メロンパンを二つ手に取り ダッシュで家に帰って二個ともペロリとたべてしまったのです、しかもとても美味しく幸せな気分で。
急な食の変化に好奇心が湧いてきました、1番苦手なスポンジケーキ
しかもクリームたっぷりの。

今ならいける気がすると思い 家族に買ってきてもらいました。
毎年、誕生日はレアチーズケーキをひとくち程度、クリスマスはアイスケーキを食べてた私が そのゴリゴリのショートケーキをペロリとまた食べてしまったのです。
一緒に飲んでるアイスミルクティーにはいつも入れないガムシロップを10個入れました。甘党の中の甘党に変身してしまったのです。

克服できない?実はこれ、うつ病のせいだったんです

うつは心の風邪と言われる事がありますけど 完全脳みその機能がヤられちゃうって事は お仕事されててうつになった方なら分かると思います。
その時に飲んでた薬は リフレックスという薬でした。
調べてみると確かに太りやすくなるし、甘いものを欲するとハッキリ書いてありました。
でも、ここまで嗜好が変わってしまうなんて なんとすごい副作用でしょう!
寛解してもうリフレックスは今は飲んでいませんが、しかし あまいもの好きは治らず
変則的な形で念願のスイーツ女子になれたのです。

うつ病の克服には薬の力も必要です

リフレックスはそもそもうつのためと言うより睡眠の為に処方されていました。

確かに眠りには良く効きましたが、食生活は完全に乱れましたし、太りました。
様々な抗うつ剤を飲んで試しましたが 本当に効き目も副作用もそれぞれで した。

私の場合は眠りを優先にした代わりに太ってしまうと言う女性にとっては苦痛な副作用を受け入れるしかなかったのですが、もしも薬の事にもう少し詳しかったなら、もう少し脳みそが動いてくれて活字を読む事が苦痛でなければ この薬は選択肢なかったと思います。そして、担当医がこんな副作用がある事を教えてくれていれば。

克服には時間が必要うつ病で考える事が出来ない

うつとはそんな病気です、そんな事もなってみないとわからないですよね。
だってTVで見ていたうつの人と現実に体験したうつはかなりの違いがありましたから。
うつになる前に正しい情報を頭に入れていれば良かったなと今思います。