お薬との付き合い方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170613012613p:plain

今回は私が飲んでいる睡眠導入剤についてお話します。

かれこれ飲み始めて十数年になりますが、現在は落ち着いていて、数年同じお薬を服用しています。効きすぎです。不眠で困っていると言い続けて来たのもありますが。

眠剤がなくなると眠れないと言う不安、ありますよね。眠れないのは精神的にも体力的にも苦しいですから。快適な睡眠をとれるコツみたいなものを体験談としてお話します

便利なお薬、睡眠導入剤

始めの頃は、めちゃくちゃ効きます。近い例えで言いますと、強制的に電源を抜かれた

感じです。何をしてようがそこでプツリと意識がなくなります。恐るべし切れ味です。

効果がある時間は短いのが多いですが、あくまで導入剤なので寝つきを素晴らしく良くしてくれるブツです。というわけで数時間で目が覚めてしまうこともありますが、飲み始めた頃は、そのまま朝までぐっすりと眠れていました。この頃はマイスリー錠と言う

お薬だけでしたが、抜群に効いていました。ただ、使用方法を間違えると大惨事となりますので、必ず指示された通りに服用してください。取り返しのつかない事になります

ので。

お薬は効かなくなります

長いこと服用してきますと、お薬のキレが悪くなってきます。服用しても覚醒する時間になってしまったり、体調の変化で突然効いたりでブレが大きくなっていきます。

その為、通常の服用量より多めに飲んでしまうことも増えてきます。その時は眠れますが、目覚めが悪くなったり、服用する量が増えてしまったりと薬中の道まっしぐらと

なってしまいます。私はすでに薬中ですが・・・。

中でも特に困ったことは、次の診察日の前に、お薬がなくなってしまうことです。

「あー、薬がない!眠れない!」と不安になりそして不眠に。体力も落ちますね。

そして、普通にダルい通院のレベルが上がってしまいます。行かねば眠れぬ!!

もう必死になります。ただでさえ少ないパワーを使い果たしてしまいます。

悪循環ですね。これでは病気も回復しません。そんな時はきちんと医師に伝えましょう

最近、お薬が効かなくて眠れないのですと。長く服用していますと耐性ができて、効きにくい体質になってしまいます。そこで成分の違う種類のお薬に替えてもらうと良いです。変えてくれない医者でしたら病院変えましょう、ヤブ医者多いですから。

医療の現場にいましたので、裏事情は嫌なほどわかってしまいます。

お薬とうまく付き合おう

私は現在3種類の睡眠導入剤を飲んでいますが、飲まなくても眠れる日もあります。

その日のリズムが良い時は、眠れることが多いかなと感じます。

眠りたくない日、時がたまにあるのですが、そんな時は飲むようにしています。

どうしてもやりたいことを、ダラダラとしてしまい、朝になってしまう。

効率も悪いですし、集中力も続くわけがないのですが、楽な方へと人は流されてしまうのを進行形で感じています。少しでいいので、メリハリをつけねばと。

思ってるだけでは何も変わりませんので、小さなことを一つづつやっています。

お薬はあくまでも、その補助的な位置づけにすることです。

信頼できる医者を見つけて、言われた通りにきちんと服用すること。

それだけでいいのです。ただ、気をつけて欲しいことは、精神科には「誤診」という

概念がないということです。違う病気のお薬を飲み続けても副作用に苦しむだけで、

本当の病気は治りません。色んな症状が出てきてしまい、とてもカオスになってしまいますので、まずは自分に正直になり、自分と向かえ合えることをオススメしたいです。

どうか届きますように。

 

薬のチェックは命のチェック 第51号 特集:うつとくすり

薬のチェックは命のチェック 第51号 特集:うつとくすり

 

 

www.xn--p8j0cm8h.com