初期のうつ病を放置すると壊れます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170919032537j:plain

初期のうつ病を放置しますと重症化し回復するまでに、多大な時間が必要となります。

うつ病の症状にある、パニック状態だったり、突然泣き出したりなど、わかりやすい

状態が見られると本人や周りの人も気がつきやすいのですが、多くの場合は自覚が

ないまま、ストレスをため過ごしてしまいます。

ストレスの症状・感じ方は人それぞれ

うつ病はストレスに精神が耐えられなくなった場合に、発症することが多いです。

人によりストレスの感じ方も違います。例えば上司が根性論を部下に教えた場合

、上司はそれを乗りこえたかもしれませんが、部下にとっては大きなストレスに

なってしまいます。上司はストレスを与えているつもりではなく、教えているだけ

の場合でも、そのストレスによりミスが増えたり、極度の緊張状態が続くような

様子が見受けられたら、教え方を変えてケアすることを必ずしてください。

初期は自分は大丈夫だと思っている

自分は強い人間だと、自信がある人も注意が必要です。学生時代に体育会系に所属

していますと、体力も精神も自分は強いと思ってしまいます。私もそうでした。

連日連夜の残業も気合でこなすことが、当然であると思いこんでいますので

限界を超えても休まずに、日々を過ごしてしまいます。

その結果、少しずつのストレスが長年たまっていき、年齢も30~40代となり

責任が重い仕事を任されたり、体力的にも大幅に衰えていますので、簡単に

ストレスが許容範囲を超えてしまう事が良くあります。

初期のうつ病を放置すると別の病気にも

うつ病になると治療に専念していても回復するまでに、早くても半年は

かかります。症状が出る前に治療を始めてもです。

うつ病の症状が出て、それが慢性化してしまうと薬の効き目が弱かったり、

十分な休養期間をとっても回復までの期間が、かなり遅れてしまいます。

医療機関できちんと診てもらえば、うつ病と診断される状態であっても

生活のためには、仕事を休職することは選択肢にすらあがりません。

私の場合はすでに「適応障害」になっていまして薬も服用していました。

病気と認識してなかったのです。小学生の頃から高校までの、体育会系気質が

染み込んでいました。その当時の野球部は、水分補給すら「たるんでる!」

が常識でございます。それでも、結構サボっていましたが・・・。

現在はしっかりと、心療内科で治療し回復期の後半ぐらいでしょうか。

ざっと、4年は経っています。ここで、こじらせてしまいますと色んな障害、

特に双極性障害は治療も複雑になってしまうので、治療期間がまた長くなって

しまいますので、慎重にリハビリをしています。

症状の放置は難題です

休みたい、けど休めない。あなたも思っているのではないでしょうか。

心の風邪と言われていますが、風邪のうちに治しましょうという意味と

誰でも簡単に風邪をひいてしまう、この2つの意味があるのではないかと

私は思います。それだけ身近な病気で、こじらすと大病につながります。

手洗いやうがいのように、ちょっとした予防策で防ぐことも出来ます。

少しでも異変を感じたら、そんな状態になってるの人が身近に居たら

優しさのパワーを分けてあげてください、一番の特効薬です。

 

www.xn--p8j0cm8h.com