嘘のない生活情報 嘘のない仕事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170613012618j:plain

理不尽だらけの情報

元いた会社での私の業務のひとつに、一次対応で解決しなかった案件の調査とその結果を営業担当に取り次いだり、お客様にご説明してお支払いをお願いする仕事がありました。その中には社内の誰も知らない事や、システム上そうなってしまう事や、どうにもならない事がたくさんありました。

社内で誰もわからない事をあちこち聞いて回っては調べ、勘を働かせて端末を扱いまくり、数字を合わせて答えを自分で探す。そんな理不尽だらけの仕事でした。

どう見ても、お客様は悪くなくて会社のシステムがおかいし件もいくつもありました。上司に掛け合って、料金を減額したり契約の変更を他部署に頼んだり 毎日が頭グルグルでした。

それでも私はこの会社の人間です。会社側の言い分を通さなければなりません。

理不尽な請求でも、システム上仕方がない事でも、お客様にご説明し納得いただくようにお話をしなければなりません。辛かったです。

綺麗事だけで生きていけない事は充分理解はしています。

ですが、やっぱり仕事は嘘のない仕事がしたいとそんな気持ちでいっぱいでした。

嘘だらけな情報のパン屋

無添加と言いながら、添加物入ってるパンを作ってる時もそれは思ってました。

おいしくて、柔らかいパンを焼くには添加物は多少は必要なんです。

具材に添加物が入ってる事もあります。パンを作った事のないお客様はそれを信用します。いつか店長に疑問をぶつけました。

私の疑問やバイトの子の態度、店長自身の上司から言われる事で、いろいろむしゃくしゃしてたのでしょう。店長は 次の日の朝礼で包丁を投げてきました。

とにかく、嘘のない仕事がしたい。

いろんな事に対しても、自分に対しても真面目な仕事がしたい。

会社を辞めてから、そんな風な職場を探しますが、なかなかそんなキレイな職場はありません。

情報は真実を発信すること

今、文章を書くという事を唯一の仕事にしています。

ここに書いてるとこは自分の本当に思ってる事や、本当の出来事を書いています。

ここ、うつともはそんなところです。

私のような人間は本当の意味で生きづらいと思います。

一応大人ですから、やり過ごす術も見過ごす事も出来ます。

でも、ここでは嘘のない自分の中からでてくる言葉で、キチンと書いていきたいと思

っています。その自由を許してくれてる仲間にも感謝しています。

と、こんな気持ちで書いています。

これからも読んでいただけるとうれしいです。AK。

 

www.xn--p8j0cm8h.com