米Googleがうつ病の診断アンケートを導入

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20170919032551p:plain

Googleが精神的な健康をと動き出しています。

膨大なデーターを有する、Googleで何かとんでもないデーターが

見つかったのでしょうか。気になりますね。

うつ病を診断する新機能とは

Googleがモバイル版Google検索でうつ病(clinical depression)と検索すると

診断アンケートを受けますか?と画面上にでるらしいです。

その診断アンケートは、PHQ-9と呼ばれる医師がうつ病の診断で使用している

ものです。アメリカではうつ病になっても治療を受ける人が、約50%と2人に1人

しか治療していません。

Googleでの検索では、健康に関するキーワードが約5%であり、その中での

うつ病に関する割合が、特殊だったのかも知れません。

PHQ-9アンケートのみの診断だけど

私もそうでしたが、うつ病だと自覚するまでには時間が必要で、その時には

相当悪化してます。その為、早い段階で病気の知識を得たり、対策することが

できません。また、自覚があっても周りの人からの理解は得られず、どんどん

悪化してしまいます。パワハラへとつながる最悪の悪循環です。

体に何らかの症状が出てからだと、もう限界に近いと思います。

そうなる前に、診断アンケートだけでも、とても有効だと言えます。

見た目じゃわかりにくいので、このアンケートはとても貴重です。

診断の確定は難しいですが

以前、生活習慣病や人間ドックなどの健康診断を十数年してきましたが

予防医学は色んな意味でも、とても重要です。それは精神疾患にも同じことが

言えます、むしろメンタル系の方が精密検査が必要な人が多いのではないでしょうか。

きちんと病院へ行かずに、健常者のふりをしている人が、正常な人を病気にさせて

しまっている今の組織の現状は誰しもが気がついているはずです。

病気なのですから、治療しましょう。病気の人を見つけましょう。

当たり前のことをすることは、そんなに難しいのでしょうか。

早期の診断に期待

Googleが膨大なデーターから、うつ病だけをピンポイントにして動いていると

言うことは、私達が思っている以上に深刻な問題なのかもしれません。

詳細な情報は現在まだわかりませんが、近い将来何かしらの形で出てくると思います。

予言などのたぐいではなく、膨大なデーターからの情報です高確率でなるはずです。

ちなみに、日本での導入は未定とのことです。

 

www.xn--p8j0cm8h.com