うつ病?精神科医はなぜ診断名を言わないのか

f:id:mafty0312:20170613012536j:plain

みなさまの大好きな精神科医シリーズデス。

はい、どんどん出てきますね~、それだけ問題が多く毎日どこかで誰かが苦しんで

いるという現実を受け止めてほしいものです。

今回、初めての投稿となります、R子さんです。

精神疾患なのか疑問に思う日々

こんにちは。

私はR子、37歳です。

現在は心療内科のクリニックに通院中(5年目)です。

今から10年程前、精神的に不安定になり、引きこもったり、家族にあたってしまうこと

が多くなり、精神科を受診しました。

2週に1度の通院で、毎回日々の生活の反省点を報告する感じの診察でした。

とても苦痛でした。

3ヶ月経過しても、診断名については話してもらえず、ただ抗うつ薬抗不安剤などを

処方されるだけでした。

不安になった私は、自分で本やネットで調べて該当する症状がある障害について、医師

に相談してみると、「素人がそんなこと詮索するな!」と強く怒られました。

2年程その精神科に入院や通院しましたが、結局医師からは最後まで、はっきりとした

診断名は言われずに通院をやめました。

精神疾患の診断ができない精神科医

患者は自分がどういう病気や障害なのか知った上で、治療したくて通院しているのに、

はっきりとした診断がつかないままの通院はますます不安になります。

現在のクリニックでようやく3年目にして、

社会不安障害」と診断されました。

安易にすぐ「うつ病」や「精神障害」を診断されるのも危ないことですが、

精神科医は患者が何を知りたがり、不安に思っているのか考慮して欲しいです。

何より、患者の声にそっと耳をかたむけて欲しいのです。

精神科医の大きな闇

以前、別のサイトで精神科医について調べてみたことを書きましたが、

精神科医の育成の過程の問題、精神薬理や薬のメカニズムのみで、臨床的な使い分けを

習わない医師が多いといわれています。

また、診療報酬(病院運営)にかかわる問題、診察は5分で回すのが一番効率が良い仕

組みになっていること。

さらに、精神科の分野においては「誤診」という概念がないことです。

こういう話は氷山の一角にすぎません。今後、大幅に精神疾患が増加する傾向に

今のままで対応するには問題点が多すぎると感じます。

早急に法の改正と欧米を見習った教育方法を取り入れるべきです。

何度も言うようですが、そんな薬よりも医師との信頼関係がどんな良薬よりも効果が得

られるのは間違いないのです。本当にこの関係の話しは多いです。

精神科医」というカテゴリーを作らなきゃですね。